弁護士紹介

弁護士 田中 彰寿(たなか あきとし) 弁護士法人 田中彰寿法律事務所 代表

 

<最終学歴>金沢大学法文学部法学科卒業
<生年月日>昭和25年3月26日
<職歴>
・昭和48年4月 司法研修所入所(第27期)
・昭和50年4月 日本弁護士連合会 弁護士登録、京都弁護士会入会、酒見哲朗法律事務所入所
・昭和54年9月 独立 田中法律事務所設立
・昭和62年4月 京都弁護士会副会長(1年)
・平成4年11月 二級建築士試験合格 京都府知事に登録
・平成14年11月 弁護士法人田中彰寿法律事務所へ法人化
・平成15年1月 弁護士法人田中彰寿法律事務所 草津事務所開設
・平成17年4月  京都弁護士会会長(1年)
・平成28年4月  近畿弁護士会連合会理事長(1年)

<現職>
・京都地方裁判所家庭裁判所(園部)調停委員
・京都産業大学法科大学院教授
・下請かけこみ寺相談担当弁護士
・(公財)京都産業21ベンチャー事業可能性評価委員会委員
・京都府日中友好協会会長
・京都府商工会連合会 エキスパートバンク事業相談員
・滋賀県商工会議所連合会 エキスパートバンク事業相談員

<著書>
建設業法による下請代金回収の理論・実務と書式

<代表者よりひとこと>
昭和50(1975)年4月に京都弁護士会に登録して以来、弁護士生活も早や42年目を迎えます。
この間、プラザ合意(1985)による円高への舵取り、バブルの発生と崩壊(1989)、そして失われた20年とまさしく戦後日本の発展と崩壊のなかで弁護士生活を送り、おもに中小企業の法的問題に立ち会い、多くの人たちの悩み事を聞いてまいりました。その間、社会は大きく変化してきました。

私たち弁護士は従来、裁判規範といわれる基本法を中心として法律業務をしてまいりました。ところが、近年、裁判所以外の場所での法律の問題、そこでの法律専門家としての弁護士への期待が以前より格段に広く、深くなってきています。こうした認識の下、私ども事務所は弁護士が裁判規範の分野のみではなく消費者法、下請代金法、建設業法下請保護条項、民事暴力介入問題、クレーマー処理、労使の交渉、労災申請、行政庁による行政調査の立ち会い、登記事務、特許事務、高齢者との私的財産契約等々の多くの現場での分野へ関与をするべきだと思っています。また、社会の主人公も大きく変化してきました。ドラッカーのいうように非営利団体が社会経済活動の重要な要素をしめるようになったということです。それは医療法人、社会福祉法人、協同組合、財団法人、宗教法人など様々な形式をとります。しかもそれらは法的形式にとらわれず私たちの社会活動の重要な主役になってきました。私たちの事務所は、こうした社会の変化の中にあってお客様のために全力で諸問題に取り組みます。

私たちの事務所は、発生した問題の解決に努めることはもとより、問題を未然にふせぐこと、さらには、より積極的にお客様の舵取りのお手伝いをさせて頂きたいと思います。

私たちの事務所は、そのために、法律問題のみならず、関わる社会経済の問題に興味をもち勉強してゆきたいと思います。
現在では、事務所に10名程度の弁護士が所属してくれております。 私の仕事は、こうした事務所の意思を統一し、事務所を導くことです。
私は仕事の合間を見つけて郷里の綾部に残された畑と自宅の小さなビニールハウスで野菜作りをしています。立派な農家とは言えませんのでできはよくありません。

ただ、亡くなった父が残してくれた果樹のできは悪くありません。まねして父のなくなった年にゆずを植えました。まだ小さい樹木ですが数はたくさんとれるようになりました。

今後も皆さんのご支援をよろしくお願いします。

<講習会受講>
平成27年 10月7日 産業廃棄物処理業研修会受講
平成28年 1月29日 一般廃棄物(ごみ)実務管理者講習受講

田中 彰寿 弁護士

弁護士 新井 慶有(あらい けいゆう) Keiyuu Arai

 

京都弁護士会所属
所属委員会:民事委員会、刑事委員会

30年間の裁判官経験を生かして、判決予想や判決の評価(高裁での取り消しの可能性)の相談を受けたり、時に夜討ち朝駆けをしたり、弁護士らしくなりました。事件は人生苦の塊です。お釈迦様、お稲荷様に叱られぬよう、少しでも苦を抜き楽を持ち帰って頂けますよう、誠実に処理することを心懸けています。事件に巻き込まれ、眠られぬ夜を過ごすことが一番いけません。悩みは弁護士にあずけ、まずは安眠してください。

<所長から一言>シャープな裁判官から僧職になるため転身。弁護士生活にもようやくなれて。

弁護士 中山 仁美(なかやま ひとみ) Hitomi Nakayama

 

 

滋賀弁護士会所属
所属委員会:近畿弁護士会連合会司法問題対策委員会、司法制度グループ、民暴・非弁グループ

京都で学生生活を過ごし、大阪の法律事務所で弁護士として出発し、後に草津事務所に移籍しました。滋賀弁護士会に所属しています。ご依頼者のご意向に沿ったベストな解決方法をご提案し、丁寧かつ迅速に法的サービスを提供させていただくことを目指しております。早めにご相談いただくことで解決の選択肢が広がる場合も多々ありますので、お気軽にご相談ください。ご相談いただいてご依頼者の肩の荷がおりたようなほっとされた表情をみられたり、事件が解決した際の心から安心された様子をみられたときが、仕事を進める上でのやりがいになっています。鴨川など京都の景色のきれいなところを周るのも好きですが、電車移動の際やお休みの日に、晴れた日の琵琶湖など滋賀県の景色の美しいところを見ることは趣味の一つになっています。

<所長から一言>大阪の商事関係事務所から草津事務所応援のために移籍してもらいました。

弁護士 田中 継貴(たなか つぐたか) Tsugutaka Tanaka

 

近畿弁護士会連合会民事介入暴力及び弁護士業務妨害対策委員会
京都弁護士会民事介入暴力被害者救済および非弁護士取締委員会副委員長
京都弁護士会中小企業法律支援センター運営委員会
経営法曹会議
京都弁護士会協同組合理事
京都府暴力追放運動推進センター不当要求責任者講習講師
京都府中小企業団体中央会外国人技能実習制度適正化事業巡回指導専門家

企業、自治体からのご相談を中心に、多種多様な事件を担当して参りました。中には、億単位の巨額訴訟や会社法上の先端的な制度のバックアップもありました。

また、私個人は、入所以来継続的に労働事件に力を入れており、当事務所における労働事件の担当はもちろんのこと、裁判所との勉強会や使用者側の法曹団体に所属して、日々研鑽を積んでおります。個人の問題に限らず、会社の問題でも、話すだけで楽になったと何度もおっしゃっていただきました。弁護士への相談はハードルが高いかもしれません。会ったこともない、あるいは名刺交換をしただけの人に(あるいは名のある会合で名刺交換したからこそ)相談するのは気がのらないかもしれません。しかし、トラブルは小さい内に処理した方がいいと思いませんか。信頼関係を気付いていけば、小さいことでも気軽に相談できます。秘密も当然守ります。法律上のトラブルがございましたら、お早めにご相談ください。

<所長から一言>趣味はサイクリング。自転車で一筆書きするつもりで顧客をまわろう。

弁護士 田中 晶国(たなか まさくに) Masakuni Tanaka

 

九州大学法学部准教授(租税法)、京都弁護士会所属
所属委員会:民暴非弁取締委員会、消費者保護委員会

弁護士業務開始時は、東京にて、主に大企業を依頼者として企業法務を中心に、ファイナンス、租税案件などに携わっておりました。平成23年3月からは、より個々の事件、個々の依頼者に近づいた業務を行いたいとの思いから、生まれ育った土地である京都で、弁護士として再出発をさせて頂きました。
京都へ帰りましてから弁護士の業務をこなす傍ら京都大学大学院法学研究科博士課程にすすみ、平成27年3月に博士課程修了、平成28年4月から九州大学法学部に奉職することになりました。弁護士として生きることは日々精進の積み重ねであり、私にとってはとても貴重な経験でした。弁護士の登録は従前のまま継続しますが、本務が九州でもあり弁護士としては一線を引くことになります。東京、京都で弁護士として約10年の経験を積ませていただきました。今後、この実務の経験を生かして研究教育活動に取り組みたいと思います。大学に奉職しましても皆様のためにお役にたつこともあろうかと思います。今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

<所長から一言>京都企業のために、月月火水木金金。

弁護士 西脇 調(にしわき しらべ) Nishiwaki Shirabe

 

京都弁護士会所属
所属委員会:子どもの権利委員会、高齢者・障害者支援センター運営委員会、公害対策・環境保全委員会

私は、兵庫県三田市出身です。高校生の途中から2年半、東京で暮らしましたが、その後、大学・大学院・司法修習と8年間京都で過ごしました。

京都に住みはじめてから、人々の暮らしのなかに歴史や文化が根付き、それが当たり前になっていることに衝撃を受けました。そして、今では、このまちに暮らすことがとても心地よいものとなっています。私は、家庭環境が複雑だったこともあり、自分と同じ境遇の人の役に立ちたいと考え、弁護士を志しました。学修を進めるうちに、弁護士ができる職域の広さに興味を持ちましたが、今後、様々な事件に取り組む中でも、初心を忘れず、依頼者に寄り添うことのできる弁護士になりたいです。ひとつひとつ、誠実に取り組むよう心掛けて参りますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

<所長から一言>難問題が優しい音色で包まれるように。

弁護士 遠藤 賢(えんどう さとる) Satoru Endo

 

京都弁護士会所属

京都市中京区出身です。意外に思われるかもしれませんが、けっこう涙もろいところがあります。映画を見て、よく泣いています。私は、身近な法律のトラブルを解決するお手伝いがしたいと考え、弁護士を志望しました。私自身、法律のトラブルとは無関係だと思っていましたが、実際に父を亡くしたときに相続問題に直面し、また、交通事故の当事者になるなどの経験をしました。私は、こんなにも不安で大変なことはないと感じました。法律は身近なものであり、私達が法律のトラブルに巻き込まれる可能性は常にあります。法律のトラブルは決して他人事ではありません。私は、法律と人の気持ちの隙間を埋めることができるようなお手伝いがしたいと考えています。たとえば、法律上ペットは物として扱われていますが、「あなたにとってペットとは?」との質問に、ほとんどの飼主は「家族。」と答えるのではないでしょうか。まずは弁護士に相談してみて下さい。

<所長から一言>学習塾運営の経験を生かし、依頼者に接しよう。

弁護士 竹田 有希(たけだ ゆき) Yuki Takeda

 

京都弁護士会所属

私は大阪で生まれ育ち、結婚を機に京都に引っ越してまいりました。引っ越してきた当初は、京都のしっとりと落ち着いた街が、静かすぎる気がして落ち着かなかったのですが、京都に住んで5年も経つと、大阪の賑やかな雰囲気に圧倒されるようになり、京都でのんびり町歩きをする方が楽しくなっています。

最近の私の楽しみは、4歳になる娘と絵本を読むことです。字を読めるようになった娘は、恥ずかしがりながらも私に絵本を読んでくれるようになり、本の内容や感想を伝えてくれます。その度に子供の独創的な物の見方や柔軟な発想力に驚かされています。私は、結婚、出産や父の他界による相続という経験を活かし、離婚や親権、相続に関する家事事件に取り組みたいと思っています。また、私には不動産関係会社での勤務経験があり、夫も建築、不動産関係企業に勤めていることから、建築、不動産関係の事件も精力的にこなしていきたいと思っています。このような私自身の経験を基礎にしつつ、一層の研鑽を積み、職務に邁進して参りますので、よろしくお願い申し上げます。

<所長から一言>稀に見る頑張り屋。弱き依頼者を支えよう。

弁護士 酒井 謙介(さかい けんすけ) Kensuke Sakai

 

滋賀弁護士会所属
所属委員会:人権委員会、民暴・非弁取締委員会

平成29年12月14日より、当事務所で勤務いたしております。
私は函館市で生まれ、小学生まではシンガポールで過ごし、中学生から大学生の間は神戸市で生活をしていました。その後、京都市内にある大学院に進学し、滋賀県草津市で働かせていただくこととなりました。
このように私は多くの土地で生活をして参りました。このような中で偶然にも祖父や父が生まれ育った滋賀県で働かせていただくことになったことについて、この土地との縁を深く感じております。

私は大学生の時に、「法的知識の量に比例して法的救済を受けられる方が増える」という法律分野の無限の可能性に気付き、また人と会話をすることが好きという性格も相まって弁護士を志しました。
私は学生の時に、新聞配達員、牛丼屋、警備員、引越作業員、工場勤務、ポスティング作業員やアパレル店員、コンビニ店員等の多くのアルバイトを経験し、多い時は3つ掛持ちをして働いていました。
当然のことながら、各職種の就業形態や仕事内容も全く異なります。
そのため、経営者の方や従業員の方に生じる法的問題点も多岐にわたっています。私は多くの職種を体験する中で当初は本当に些細な問題であったのに、その問題を放置した結果、大事になってしまった職場を見たことがあります。この場合、事前に予防策をとっていればと何度も思うことがありました。

そこで私は、そのような予防策を含め、迅速かつ最善の法的アドバイスをご提案できるように日頃から研鑽を積んで参ります。
そして、ご依頼者様がご満足いただける親身で手厚い法的サービスをご提供できるように尽力いたします。
どんな些細なことでも結構です。ご遠慮なくご相談ください。

<所長から一言>国際人としての生活を生かして弁護士活動をしましょう。

弁護士 嶋田 隼也(しまだ じゅんや) Junya Shimada

 

京都弁護士会所属
所属委員会:遺言・相続センター運営委員会、中小企業法律支援センター運営委員会、民暴・非弁取締委員会

私は、大阪府高槻市出身で、中学から、高校、大学、大学院、司法修習を京都で過ごしました。
趣味は旅で、旅先ではあまり交通機関を利用しません。歩きながらその土地の風土や町並みを感じることが好きで、多い時には1日に20キロ近く歩くこともあります。ゴルフやカメラ、中学高校時代に部活に励んだバドミントンも好きです。

司法試験合格にはなかなか苦労しました。
浪人時代には、辛く、惨めな毎日を過ごしながら、日々机に向かっていました。しかし、今となっては、その期間に経験した辛さ、惨めさのおかげで、謙虚さ、粘り強さが少しは身についたのでは、と思います。
また、たくさんのアルバイト経験を積むこともできました。法的に問題のある労働条件を課している企業もありました。しかし、経営状況からして、労働条件を改善することができないという使用者側の事情も一方で理解でき、使用者側の弁護士には、そういった使用者側の事情も踏まえたアドバイスが求められると思います。

私が考える良い弁護士とは、決して法律の知識が豊富なだけの弁護士ではないと思います。法律の知識はもちろんのこと、法律以外の知識、いろいろな業界のルール、常識などにも明るくなければ、ベストな判断はできないと思います。日々研鑽を積み、謙虚で、誠実な弁護士こそが、本当にいい弁護士ではないかと思います。そうなれるよう、精進してまいります。

<所長から一言>司法試験受験には苦労しました。どんな苦労も人を育てます。その苦労が依頼者の立場を思いやることになるでしょう。